関節軟骨と再生医療

高齢者にみられる関節の痛みは、軟骨の減少が原因と言われています。どの関節も、軟骨があるから痛みもなく、スムーズに思いのまま動かすことができるのです。その軟骨が減って行ってしまうと
関節を動かすのに痛みを伴うようになってしまうのです。そして減少してしまった軟骨は元に戻らないのです。最近は膝関節に良いと宣伝されているサプリメントが多種出回っています。

 

しかし、注意したいのは、サプリメントはいたくなる前から服用しておくことが大切だと言う事です。痛みが無い段階で、気になった時こそサプリメントを飲み始めましょう。
不幸にも軟骨が減少してしまい、いつも痛みを抱えてしまっているひとには、病院での治療が必要です。
最近注目されるようになってきた関節軟骨の治療が自家培養です。これは、自分の軟骨を培養して
再生させるのです。
これはすでに実用化されていて、2013年からは健康保険の適用を受けることも決まっています。
ただし、まだ適用される病気の対象が制限されています。
残念ながら一般の高齢者が自家培養しても保険は適用されません。
いずれ健康保険の適用範囲が広がっていくかも知れません。この
再生医療はこれから注目されていく医療分野です。
関節痛の方は今後を注目していきましょう。その他にも治療法はあります。人工関節などを取り付けることができます。
手術が必要になります。このように高齢になって、関節の痛みで悩まないように、

 

日頃からできるだけ体を動かし、
ヒアルロン酸やグルコサミンのサプリメントを服用するようにしましょう。